目元のシワに効くクリームおすすめランキング!目の下のシワやたるみに効く

目元のシワに効くクリームおすすめランキング!

目元のシワに効くアイクリームや化粧品おすすめランキング!

目元のシワに効くアイクリームを探し求めているアラフォー主婦です。

 

最近笑わなくても目元のシワが気になります。
目尻や目の下、瞼のたるみなど、全体的にハリがなくなってきました。

 

 

元々目元は皮膚が薄く、シワになりやすいようです。
なのでマッサージも力を入れず、顔の表情が変わらないぐらいの力加減が良いようです。

 

もちろん最近は紫外線にも気を付けて冬でもUVカットのファンデーションを使うようにしています。

 

若い頃は肌のキメが細かく、よく褒められていたのですが、そんな肌質の方がシワになりやすく、たるみも早いようです。
なのでそんな柔肌の人ほど毎日のケアは大切ですね(T_T)

 

目元にハリを出す、シワに効くクリームや化粧品をいろいろと試してみたので紹介します!
参考になればどうぞ(*^^)v

 

 

リポコラージュ

リポコラージュ

 

驚きの保水力を持つ生コラーゲンが23兆個も配合された美容液でもっちりプルプルの弾力肌へ!

 

エステから生まれた美容液で、世界初のフェース生コラーゲンが肌に浸透しうるおい肌に!
乾燥小ジワ、目元、口元、ほうれい線周りの悩みに。

 

生コラーゲンはとても熱に弱いので冷蔵庫で保存するのがベストのようです。

 

合成界面活性剤、パラベン、フェノキシエタノール、エタノール、鉱物油、香料、色素を無配合で天然由来です。
とても肌に安心ですね。

 

 

 

 

 

アスタリフト

 

松田聖子さんのCMでおなじみのアスタリフトです。
CMを観た瞬間、使ってみたいと思いました。

 

 

あの赤い色がかなり気になっていましたが、おいしそうでもあります。
あの赤い色に秘密があるようで、使ってみるとCMの通り「肌が食べるジェリー」の意味がわかります。

 

「ジェリー」→「化粧水」の変わった順番で使いますが、それだけで肌はモッチモチになるのです。
目元のシワだけでなく、肌にハリがでるともちろんたるみにも効きます。

 

保湿感が半端なく、小じわはすぐに解消されました。
クリームも赤い色をしていてアスタキサンチンが配合されています。

 

 

千円でお試しがあるので使ってみるといいですよ。

 

アスタリフト トライアルキット

 

 

 

 

アテニア

 

アテニア化粧品は「モデルが愛用している」ことでも広く知られています。

 

無添加化粧品で知られるファンケルのグループ企業で、
基礎化粧品やメイク用品などを販売している人気コスメブランドです。

 

目元に弾力が出るという口コミも多く、
その中でもアイエクストラ美容液は一本で小じわやたるみ、目元のくぼみまでケア出来ると人気があります。

 

とても柔らかいテクスチャーのアイクリームでしっとり目元に馴染みます。

 

アイエクストラセラムは約120回分使用することができ、同時についてくるドレスリフトセットは2週間ほど使えるので効果も実感できると思います。

 

【アイ エクストラ セラム セット】

 

 

 

 

ビーグレン

 

リピート率がNO,1というビーグレンの化粧品です。
結構ネットでも紹介されていて、目元のシワが薄くなっているレビューなんかを見ました。

 

美肌成分を超微小カプセルに包み込み、角層の奥まで浸透させることを可能にした化粧品のようです。
確かに目元のしっとり感が長持ちする感じで小じわぐらいならなくなる勢いがあります。

 

リッチな使用感でエイジングケアに効果を発揮するモイスチャーリッチクリームは、朝も夜も使用できる保湿力に優れたクリームで、角層の奥まで浸透し、ハリのある肌になりますよ。

 

お試しは1400円!

 

 

シワ・たるみを消す サイエンスコスメb.glen

 

 

 

 

 

B.A ザ アイクリーム

 

1929年創業。
研究・開発から生産まで国内の研究所・工場にて行っています。
1500万件を超える肌データを元に、日本人女性の肌を研究し、
その研究を商品開発に活かしています。

 

ポーラの研究技術は国内外の学会において、数々の栄誉に輝いています。

 

多数のベストコスメ受賞!!
ポーラ最高峰ブランド「B.A」のアイクリーム。
独自の保湿成分「月桃葉BAリキッド」「アケビ茎エキス」を配合した
濃密なクリームで、ゆるくなった目元を引き締めてくれます。

 

【B.A ザ アイクリーム】

 

 

●目元のシワに効くクリーム●

 

クリームの目的は肌に対して栄養を与える事。
主とする構成要素は、こちらも乳液と同じく水分と油分、そして美容成分になります。ただ違うのは、乳液に比べて水分の割合が少ないというのが特徴です。

 

 

 

【油の役割】

 

クリームに配合されている油は、新しい肌の細胞を作る場所である基底層という所まで美容成分を届けるという役割を担っています。
この美容成分が基底層に届く事で、肌の生まれ変わりであるターンオーバーのサイクルを正常な周期にしてくれるのです。
ちなみに、正常な周期というのが28日。
このターンオーバーは、年齢を重ねていくと段々と崩れていき28日以上の周期になってしまいます。
こうなると、新しい肌細胞が生まれて、角質が垢となって剥がれ落ちるという正常なペースが乱れてしまい、肌荒れやしわの原因となります。

 

 

 

この乱れた周期を正しい状態へと戻していく事がしわの改善に不可欠ですので、日々のスキンケアにクリームは欠かせません。
また、上記の理由の他にもクリームが必要な訳があります。
それが保湿の持続性。化粧水をつけて乳液をつけて・・・ここで終わってしまう方が多いのですが、これだとせっかくの保湿が逃げていってしまうのです。

 

実は、乳液は化粧水の潤いを保護する事が出来るのですが、長時間持続して保護する力はありません。
ですが、肌の潤いはしわ対策には必要。特に目元のしわには十分な保湿が求められます。
そこで活躍してくれるのがクリーム。

 

乳液で保護した保湿を、クリームで更に覆う事で潤い成分を持続してくれるのです。この点においても、化粧水・乳液の後にはクリームをつけるという事は欠かせないのです。

 

是非、今まで乳液まででスキンケアを終わらせていた人は、クリームを使用するようにしましょう。
こうする事で、肌の状態はガラッと変わります。乾燥が激しい人はその日のうちに肌の透明感の違いを実感する事ができますよ。

 

 

●目元専用のクリーム●

 

目元のしわには、『リンクルケア成分』という成分が効果的なのですが、この成分が濃密に配合されているのが、目元専用のクリームになります。

 

このクリームによって、目元の潤いを保つだけでなく、ハリにも効果があり、肌の生成には欠かせないコラーゲンやエラスチンといった真皮層を活性化させてくれる役割も担ってくれます。

 

特に気になっているような方は、この専用のアイクリームを使う事で目元のハリを実感できるようになりますので、検討していみるのも良いかと思います。

 

 

●乾燥からの目元シワ予防

 

目元のシワで一番大切な事は乾燥を解消させる事です。
肌を乾燥させないと言う事は保湿をしっかりとする事が大切になります。

 

ただ保湿するだけでは有りません。
正しい洗顔、正しい保湿を行う様にしないといけないのです。
しっかりと洗顔をして汚れを取ってあげてから保湿をしてあげる事で、化粧品やアイクリームの成分が肌に浸透し、乾燥を解消に導いてくれます。

 

目元の皮膚は薄いので優しくケアしましょう。

 

更にバランスが良い食生活も大切です。
身体のバランスを整える事で、乾燥を自ら防いで適度な油分を出してくれます。

 

特に保湿が大切なのは季節的に乾燥しがちな秋と冬、春です。
空気自体がカラッとしている季節なので、とても気持ちが良く爽やかな感じですが、湿度もかなり低くなるので屋内にいる時は部屋の加湿をする様にすると良いでしょう。

 

加湿器が無い場合でも、部屋に洗濯物を干すだけでも加湿されますし、煮物を料理してその蒸気で顔も保湿してあげると言うのも良いですね。

 

また最近ではパソコンにUSBを繋げて加湿が出来るフェイスミストも有るみたいですし、色々可愛い加湿器も出ていますので、インテリア代わりに取り入れても良いかもしれませんね。

 

フェイスミストを利用する場合は、粒子が細かい物を利用する様にすると毛穴からしっかりと保湿してくれます。

 

逆に粒子が大きいミストを利用すると化粧崩れの原因となりますので注意しましょう。
この様に、肌が乾燥しない様に予防とケアをしっかりと行う事で顔のしわがだいぶ解消されてくると思いますよ。

目元のシワに効くマッサージ方法

 

目元のしわに悩んでいる方におススメしたいマッサージ方法をご紹介します。

 

ちょっとした時間でできる簡単なマッサージですので、是非続けてみて下さい。
大事なのは継続する事です。

 

一度良くなってもダメージを受けている皮膚はまたすぐに元の状態へと戻ってしまいます。”継続は力なり”この実行力がマッサージの効果を高めるポイントです。

 

嬉しい事に、ここでご紹介するマッサージは3日に1度で良いもの。なのでできるだけ継続して行ってみて下さい。
数か月経つと、「あれ?肌の状態が良い」と実感できるはずです。

 

 

マッサージを行う理由は、目の周りの血行をよくする為。血行が良くなる事で、肌にハリが生まれます。
その理由は、血液を通じて多くの栄養分が肌細胞に送られる為です。栄養分が送られるという事は、衰えて崩れてしまっている肌のターンオーバーが改善するという事。

 

ですので、若返る方法としてマッサージはとても良いといわれています。こうした事から、巷ではマッサージに関連したお店が多く存在しているのです。これを自宅で行わない手はありません。

 

時々は贅沢してお店を利用するのも良いですが、日々のケアは自宅で自分自身で労わり、肌細胞を活性化してあげて、美しい元気のある肌へと変えてあげましょう。

 

 

マッサージをする前の下準備

 

まずは、マッサージを行う為に準備をしましょう。
大切なのは皮膚を傷つけない事。目元の皮膚は他の部位に比べてとても薄い造りになっています。

 

そのデリケートな皮膚に負担をかけない事が何よりも大切です。そこで、マッサージ用のクリームを必ず使用してください。クリームを使わずに素手で行ってしまうと、余計な力と摩擦が目元の皮膚へと伝わってしまい、却ってしわの原因となったり、くすみやクマの原因ともなる恐れがあります。

 

自分が思っているよりも目元の皮膚は薄く・デリケートという事を頭において、クリームを潤滑剤にして刺激をできるだけ与えないようにしていきましょう。

 

 

そのクリームですが、すぐに目元にあてるのではなく、手のひらでまず温めて柔らかくしてあげましょう。
これが大事な下準備です。ここからクリームを使ってマッサージを行っていきます。

 

 

マッサージの方法

 

1.手のひらで温めたクリームを優しく目の周りに伸ばしてく

 

2.目の疲れを取る
中指と薬指をこめかみにあてて、手前にひくように2回、回転させましょう。その後、軽く圧をかけてあげて、ゆっくりとこめかみから指を離していきます。
これを2セット行う事で、目の疲れが改善していきます。仕事がデスクワークの方などは、疲れを感じた時にこのマッサージを行うとスッキリしますので、おススメです。

 

3.しわケアの為のマッサージ
目の疲れを取ったら、マッサージを開始していきます。使う指は、人差し指と中指、そして薬指です。
この3本の指を軽く眉頭においてください。その眉頭からまぶたの上を取って、目頭に戻るように軽い力で2セット、マッサージをします。

 

 

このマッサージによって、目の周りの皮膚が刺激を受けるので、毛細血管の血液が停滞している状態を改善してくれます。
血行がよくなると、しわだけに限らず、血行不良が原因によるクマも改善されていきます。

 

 

注意点

 

・何度もお伝えしていますが、目元の皮膚はとても薄いので、強くマッサージすると却って皮膚への負担が大きくなってしまい、より深くしわが出来たり、くすみやクマが出来てしまうので、優しく皮膚を撫でるような気持で行ってください。

 

・このマッサージはやればやっただけ早く効果が出るというものではありません。
記載した回数は、皮膚への負担を考慮して効果のある回数をご紹介しているので、決められている回数は守るようにしましょう。

 

・顔のマッサージは、3日に1度くらいで大丈夫です。毎日行っても差し支えありませんが、やりすぎてしまうと却ってしわを作ってしまう場合があるので注意は必要です。

 

 

 

クリームについて

 

ここでのマッサージの目的はあくまで肌の血行を改善して活性化させる事です。なので、クリームを選ぶ際に栄養成分がたっぷりと入ったマッサージクリームをわざわざ購入する必要はありません。
ただ、意味がないというわけではありません。

 

マッサージによって血行が良くなれば、その分栄養成分も浸透しやすい状態へと変化しているという事です。
なので、保湿成分をこの段階でも取り入れていきたいという方は、そうした栄養成分の入っているクリームを使って行うと良いでしょう。

 

 

また、目元用に別のマッサージクリームを購入する必要もありません。顔のマッサージの一部として考えて頂いて大丈夫ですので、今使っているクリームでも大丈夫です。

 

 

マッサージの効用

 

肌の生成に欠かせない組織として、真皮層のコラーゲンやエラスチンが代表的な成分として挙げられますが、これらの成分は肌の弾力であったり、潤いを保っていく為には必要な組織です。

 

ですが、これらの組織は年齢を重ねていく中で衰えてしまっていったり、紫外線などの外部からの刺激によって繊維が切れてしまったり、弱まってしまったりします。

 

しかし、これらの組織は衰えたらそのままという訳ではなく、日々のケアの中で十分に栄養補給を行っていく事で改善し、復活する事のできる組織です。

 

その栄養補給の取り方は2通り。

 

1つは身体の外側から補っていく方法。そして、もう一つは内側から補っていく方法です。

 

外側からの補給は化粧水や乳液・クリームなどのスキンケアグッズ。
そして内側から補っていく方法は食事です。
そして、一番の栄養補給として大切なのは、血管から取り入れられる栄養分になります。

 

真皮層には毛細血管が多く張り巡らされています。
ですが、せっかくスキンケアグッズや食事から栄養成分を取り入れても、血行が悪いと肌へと必要な栄養素は届きません。
だこらこそ、血行がよくなるマッサージを行うのです。どれが欠けてもしわの改善には至りません。手軽にできる簡単なマッサージなので、3日に一度、元気な状態へと改善していきましょう!

 

トップへ戻る